SUPフィッシングで失敗しない【初心者にオススメ】ロッドの選び方

  • サップフィッシングを始めたい方
  • サップフィッシングに興味がありロッド購入予定の方
  • サップフィッシングがどんな釣りなのか興味ある方
  • サップフィッシングをやっていて、2本目のロッド購入を考えている方

この記事はこんな方に向けて書いています

 

パンケーキ
パンケーキ

どんなロッドがいいの?

 

ベンジャミン
ベンジャミン

ロッドとはね、スピニングタックルなのか

ベイトタックルなのかで

種類が変わってくるんだよ。

 

 

パンケーキ
パンケーキ

教えてよ〜

 

ベンジャミン
ベンジャミン

オッケイ〜

 

 

釣りにおいてロッドとは、とても重要な役割を担う道具である。

 

ロッドとリールとラインが釣りにおいて、1番重要視される道具なのです。

 

サップフィッシングにおいてもロッド選びというのは、とても重要になってくる。

 

サップフィッシングをやるには、どのようなロッドを選べば良いのか?

 

私の経験を踏まえ、サップフィッシングに必要なロッド論をこれから書いていきます。

 

それではまいりましょう〜

 



 

SUPフィッシングで必要なロッド性能

 

 

サップフィッシングにおいてのロッド選びは、スピニングタックルとベイトタックルによって変わってくる。

 

ベンジャミン
ベンジャミン

私はスピニングタックルとベイトタックルの両方をサップフィッシングに持ってく。

 

スピニングタックルの良いところもあるし、ベイトタックルの良いところもある。

 

タイラバはベイトタックルでおこなうし、ジギングはスピニングタックルでおこなうのだ。

 

本来ジギングは、ベイトタックルで行ったほうがやりやすいと言う意見もありますが、タイラバのベイトタックルのロッドな柔らか過ぎるために、ジギングには不向きなのでスピニングタックルでジギングを行う。

 

ベイトタックルはタイラバメインでやるために柔らかめの竿でおこなう。

 

逆にスピニングタックルは青物など不意の大物を想定して比較的強い竿でおこなうのだ。

 

ベイトタックルロッド

 

まず初めにサップフィッシングで使うベイトタックルのロッドについてお話しします。

 

サップフィッシングに置いてベイトタックルを使うのは主にタイラバと言う仕掛けを使うからで、タイラバと言うのは真鯛を釣るための仕掛けなのだ。

 

仕掛けと言いっても、餌はつけなく、ルアーの一種です。

 

釣れるのは真鯛だけではなく、シーバス、青物、カサゴなど、あらゆる魚種が釣れる仕掛けだ。

 

あらゆる魚種が釣れるので、私はタイラバをメインでサップフィッシングをおこなっている。

 

運がよければ大物の真鯛が釣れる。

 

ブリも釣れるしカサゴも釣れるし、ハタも釣れる。

 

ベンジャミン
ベンジャミン

おいしいおかずとなる魚がよく釣れるんですw

 

使うロッドは、タイラバの専用ロッドがいい。

 

柔らかさと、しなやかさが特徴的!

 

タイラバでの鯛釣りは、向こう合わせといって、自分からは合わせない釣り方です。

 

鯛自身に自動で合わせてもらう釣りだ。

 

鯛自身が勝手に針に掛かるというのを利用した釣り方なんです。

 

無理に合わせようとすると掛が甘く針が口から外れたりするので、竿を持ち上げる程度しか合わせません。

 

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン

私はガツンと合わせちゃいますよw

 

合わせたほうが、楽しくないですか?

 

私はシーバスアングラーなので、アタリがあると自分で合わせちゃう癖がついてるので・・・。

 

ガツンと合わせても、鯛は釣れちゃいますw

 

タイラバは、シングルフックの釣りなので、魚が掛かれば大体釣れちゃうのだ。

 

ですからあんまし深く考えず

 

 

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン 驚き

合わせていいしw

合わせなくてもいいw

 

 

どちらでも良いのではないでしょうかw

 

タイラバロッドは柔らかく設定されており、驚くほどペニャペニャのロッドだ。

 

私は70センチ位の真鯛を釣ったことあるが、ペニャペニャのタイラバロッドでも簡単に釣り上げることができた。

 

沖なので、焦って強引に引き寄せる必要がなく、意外とペニャペニャの竿でも全然大丈夫なのだ。

 

オフショアの釣りなので、ゆっくりとドラグを出しながら巻いていけばペニャペニャの竿でも釣れる。

 

しかもペニャペニャの竿なので、ロッドは功を描き、やりとりも面白く、バレにくく、くせになる中毒性の高い釣りなのだ。

 

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン

やり取りは超楽しいw

 

ベイトタックルによるサップフィッシングのロッド選びはタイラバロッドを選ぶと良い。

 

基本的に長さは5フィートから7フィートまでのロッドで柔らかく、ペニャペニャしていていればどんな竿でも大丈夫だ。

 

カヤックフィッシングなどでは専用ロットが出ているが、その専用ロッドは割と固く設定されている。

 

専用ロッドと言うのは、いわゆる万能ロッドなので、魚種に対しての専用ではなく、カヤックフィッシング、オフショアでやる環境に対しての専用ロッドなのだ。

 

魚種に対しては専用ロッドではないため、何にでも対応できるオールマイティーロッドのように、強めで粘りのある硬い竿にチューニングされている。

 

良いところは、扱いやすさとかっこよさ!

 

 

ベンジャミン泣き
ベンジャミン

とにかく扱いやすいし、カッコいいw

 

デザインがよく、所有感もある。

 

サップフィッシングをスピニングタックルかベイトタックルどちらか1本でやるならば、ベイトタックルの方が良い!

 

その場合は、カヤックフィッシング専用の、ロッドを持ち込んだほうが、色々な魚種に対応できるので良いのだ。

 

ですが、スピニングタックルとベイトタックル一本づつサップフィッシングに持ち込んで釣りをする場合は、 1本はタイラバ専用のベイトロッドが良い!

 

なぜならスピニングタックルのロッドも持っていくからだ。

 

ベイトタックルは、タイラバ専用の、柔らかいロッドを持ち込んだ方が良い!

 

 

スピニングタックルのロッド

 

サップフィッシングに使うスピニングタックルのロッドは主にジギングしたり、ジグを早捲きしたりとジグをメインに使う釣りになります。

 

スピニングタックルのロッドは、青物を意識してるとゆうこともあり、少し強めのハリのあるロッドを持ち込んだほうが良い!

 

長さは、6フィートから7フィート位までのスピニングロッドで良い。

 

オフショアのライトジギングタックルのライトジギングロッドが、強さやハリなどいい感じだ。

 

沖で青物をやると、80センチ90センチのブリやメーターオーバーのシーラが掛かることがある。

 

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン

運がよければキハダマグロも掛かるかもしれないw

 

もし掛かれば絶対に取りたいので、私は強めのライトジギングロッドを使っている。

 

パワーがあるロッドなので、40センチぐらいの鯖ですと何の面白みもなく簡単に釣り上がってしまう。

 

大物を想定するならば、タイラバロッドともう1本持っていくスピニングロッドは、強いものを持っていくことをオススメする。

 

 

 

合わせて読みたい記事

https://eda333.com/2018/09/14/sup-fishing-tool-dougu/

SUPフィッシングのフィールド環境からロッドを考える

 

 

サップフィッシングにおけるフィールド環境とゆうのは、サップフィッシングはオフショアの釣りです。

 

要するに船上の釣りとリンクするところがあるので、根ズレなどを考慮する必要がそんなにないので、サップフィッシングでは、魚が掛かったら丁寧にゆっくりとファイトすることができる。

 

弱めのロッドでもドラグ性能を生かしたファイトをすれば魚は釣れるのだ。

 

陸っぱりで使うロッドよりは、少し弱く設定しても、全然大丈夫。

 

むしろ少し弱い竿のほうが、魚とのやりとりが面白くなるので楽しく釣りができる。

 

サップフィッシングのフィールド環境と言えば、ぐらぐら揺れるし、ロッドが水に濡れるし、サップボードが転覆すれば、ロッドは海の中に沈んでなくなるw

 

大事なロッドをなくすリスクも普通の釣りよりは、明らかにサップフィッシングの方が高い!

 

私は転覆して、ロッドとリールを海の中に落としてなくしたことがあるw

 

ベンジャミン泣き
ベンジャミン

ものすごくショックだったし怖かったw

 

これを踏まえ、私はサップフィッシングにおいて高額なロッドは必要ないと考えた。

 

第1に自分が落ちない事、第2にサップボードが傷つかないことを考えるので、ロッドに気を使うのは3番手くらいになってしまう。

 

だから、サップフィッシングにおけるロッドは高額なものではなく、傷ついても良い位のロッドの方が扱いやすい。

 

結論からゆうと、サップフィッシングにおけるロッドはそこそこの性能でそこそこの値段のエントリーモデルで十分なのだ。

 

まとめ

 

サップフィッシングで必要なロッドは、スピニングタックルとベイトタックル2本のロッドを用意する。

 

スピニングタックルのほうは5フィートから7フィート位までのライトジギングタックルのロッドを選ぶ。

 

ベイトタックルのほうは5フィートから7フィート位までのタイラバロッドを選ぶ。

 

どちらも、エントリーモデルで十分の性能だ。

 

どうでしたか?

 

私の考えるサップフィッシングにおけるロッドの選び方は?

 

参考にしてもらえたら、何よりです。

 

最後に、サップフィッシングとゆうのは沖に出て、釣りをするので、大物が釣れるとても面白い釣りだ。

 

しかし、沖に出ると言う事は危険も伴なうし風の影響、波の影響、潮の影響をもろに受ける釣りなので、充分に気をつけて、細心の注意を払い、安全に楽しくサップフィッシングをしてもらえれば何よりです。

 

各ポイントではローカルルール等が存在します。

 

ローカルルールを守り、そこで釣りをやらしてもらってるという考え方を尊重し、周りの人と仲良く、周りの人と共存し、楽しくサップフィッシングをおこなってください。

 

サップフィッシング関連記事

https://eda333.com/2018/08/29/supfishing-poinnto-erabi-kikenn/

 

https://eda333.com/2018/08/27/hazimete-supfishing-osusume-board/

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です