SUPボードに穴が空いたとき【サップ初心者でも出来る】リペア修理方法

この記事ははこんな方に向けて書いています
  • サップボードに穴が空いた方
  • サップボードを持っている方
  • リペアのやり方がわからない方
  • サップフィッシングやりたくて、予備知識ほしい方

 

パンケーキ

サップボードって、穴空くの?

 

ベンジャミン

うん!

結構簡単に空くよ

 

パンケーキ

例えばなにで?

 

ベンジャミン

魚のヒレとか

 

パンケーキ

え?

そんなに鋭利だっけ?

ベンジャミン

魚のヒレは種類によってだけど、物凄く鋭利だよ

 

サップボードは結構簡単に穴が空いてしまうものです

 

基本インフレータブルボードなのでゴムボードを想像してもらうとわかるのですが、分厚いゴムでできています。

 

先の尖った鋭利なものには弱いです。

 

ベンジャミン

一発で穴空きますよw

 

例に挙げると
  • 魚のヒレ
  • 釣り針

 

1番注意してほしいのは、魚のヒレです。

 

  • タイ
  • カサゴ
  • スズキ
  • マゴチ

 

この辺の魚には、要注意です。

 

サップフィッシングやってると良く釣れる魚種なので気をつけてください。

 

サップボードに穴空いたからって、すぐに沈む事はないんですが、次回サップボードに乗るときにはリペアしないと乗れません。

 

けっこう高額なものなので、穴が空いてもリペアしながら大事に乗りましょう。

 

小さい穴でしたら簡単にリペアできますから!

 

それではリペア(修理方法)を紹介していきます。

 

SUPボードのリペアに必要な道具

 

 

①   ボンド

 

とにかく強力な方が良いです。

 

サップボードとリペア生地をくっつける役目です。

 

②   リペア生地

 

 

通常はサップボードを買うと付いてきます。

 

サップボードの切れ端のゴムですよね。

 

無ければ、サップボードと同じ厚さくらいのゴム生地を買ってください。

 

③   万力

 

 

サップボードとゴム生地を固定する為に使います。

 

ボンドが接着するのに時間がかかるので万力で固定します。

 

④   紙ヤスリ

 

 

サップボードの穴の空いた箇所の表面を傷つけます。

 

ボンドの接着面積を増やします。

 

表面を少し傷つけると接着力が強くなります。

 

⑤   当て木

 

これは万力とサップボードに噛ませる当て木です。

 

サップボードに万力の跡がつくの嫌じゃないですか。

 

最悪なくてもいいです。

 

以上です。

 

どれも絶対に必要不可欠なので、必ず全部揃えてください。

 

それでは実際に直してみます。

 

SUPボード【気持ちが良い理由】自然との一体感とアウトドア感

 

SUPフィッシングを始めるときに【サップ初心者が】必要な初期費用はいくらなのか?

 

SUPボードに空いた穴のリペア手順

 

STEP.1
まず穴の空いた場所を確認します
よく見てね

STEP.2
紙ヤスリで穴の空いた場所を軽くヤスる
ていねいにヤスリをかけてね

STEP.3
リペアシートを丸く切る
きちんと切ってね

STEP.4
ボンドを塗る
しっかりボンドを塗ってください

STEP.5
万力で固定する
一晩中固定してください

STEP.1
完成です
簡単でしょ?

コツ
  • 紙ヤスリをていねいにする
  • しっかりと丸く切る
  • ちゃんとボンドを付ける
  • 一晩中、万力をする

 

誰でも簡単にできます。

 

SUPフィッシングを始めるときに【サップ初心者が抱く】疑問や不安 10選

 

SUPフィッシングで無いと釣りにならないぐらい信用してる【サップ初心者でも釣れる】神ルアー5選

 

まとめ

 

 

サップボードに空いた穴はものすごく簡単に直ります。

 

穴が空いてもリペアしながら大事に使ってあげましょう。

 

大きな穴が空いてしまってら、リペア専門業者があるので、相談してみてください。

 

最後にサップフィッシングは海上で行う釣りです。

 

陸の上とは違い普段にはない危険がたくさんあります。

 

必ずライフジャケットを装着し携帯電話を持ちサップフィッシングに望んでください。

 

少しでも風が強いな、潮の流れが早いななど、危険を感じたらやめてください。

 

やめるのも勇気です。

 

あと必ずポイントではローカルルールが存在します、ローカルルールを守り、楽しくサップフィッシングを楽しみましょう。

 

SUPフィッシングでの【サップ初心者にオススメ】ラインシステムについて考えてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA