Antec CX200M RGB ELITEケースの開封&組み立て!ベンジャミンラボが詳細レビュー!

このブログ記事はベンジャミンラボのYouTube動画を元にしてブログ記事を作りました

 

 

Antec CX200M RGB ELITEケースは、圧倒的なピラーレスデザインと革新的な機能で、PC愛好家の間で注目を集めています。

 

プロフェッショナルジャンカー、ベンジャミンラボが、独自の視点でその魅力を余すことなく紐解きます。

開封から組み立てまで、私の手によってこのケースの真の魅力が明らかになります。

最新のPCケースのトレンドを知りたい方必見のコンテンツです。

新たなPCケースの世界への扉を開け、Antecの魅力に満ちた旅に出かけましょう!

ケースの特徴と開封作業

 

アンテック公式より引用

ピラーレスデザインとは?

 

 

AntecのCX200M RGB ELITEケースは、ピラーレスデザインを採用しています。

これは、ケース内部に柱(フレーム)がないデザインを指します。柱がないことで、よりスッキリとした外観を実現し、ケース内部のスペースを最大限活用できます。

価格とガラスパネルの特徴

 

 

このケースは、7980円という手頃な価格で提供されています。

また、ガラスパネルが2面にあるのが特徴で、内部の様子を見やすく、美しいLEDライティングを楽しむことができます。

マイクロATXマザーボードに対応

 

 

AntecのCX200M RGB ELITEケースは、マイクロATXのマザーボードに対応しています。

注意

ATXには対応していないので、マザーボードの選定には注意が必要です。

 

 

ケースの選定と開封作業の感想

 

 

選定の経緯と価格

 

 

AntecのCX200M RGB ELITEケースを選定した理由は、手頃な価格と高いデザイン性でした。

ベンジャミン

7980円という価格でありながら、ガラスパネルを備えた洗練された外観に惹かれました。

ケースの外観やファンの数について

 

 

開封作業を進める中で、ケースの外観やファンの数について感じたことがあります。

ベンジャミン

白い外観が可愛いと感じました。

また、5つのファンが付属しており、十分な冷却性能を期待できると思いました。

シンプルデザインの良さと裏側の配線スペース

 

 

ベンジャミン

ケースのシンプルなデザインが良いと感じました。

特に後ろ側の配線スペースが約2cmほどあり、配線作業がしやすいと思いました。

しかし、ペリフェラル連結がダサいと感じました。

ペリフェラルは周辺機器を接続するためのコネクタで、見た目があまり良くないと感じました。

 



 

開封作業の続きと感想

 

 

ペリフェラル連結や付属品の印象

 

 

開封作業を進める中で、ペリフェラル連結や付属品の印象について考えました。

ベンジャミン

付属品がダサいと感じましたが、価格を考えると仕方がないと諦めました。

ピラーの取り外し

 

 

ベンジャミン

ピラーの取り外しに苦労しました。

ピラーはケース内の部品を固定するための柱で、取り外し方が分からず苦戦しました。

しかし、最終的には取り外すことができました。

 



 

ケースの組み立て作業と最終評価

 

 

ケースの軽さと外観の満足度

 

 

ケースの軽さと外観の満足度について考えました。ケースが軽く、コンパクトであることが良かったと感じました。

ベンジャミン

外観のデザインもシンプルであり、好みでした。

電源やマザーボードの取り付け作業

 

 

電源やマザーボードの取り付け作業について振り返りました。

 

ベンジャミン

電源の接続に苦労しましたが、なんとか取り付けを行いました。

 

マザーボードの取り付けにはピンの位置や数に注意しながら作業しました。

パネル取り付けとRGB光り方の評価

 

 

パネルの取り付けやRGB光り方の評価について考えました。

パネルの取り付けはスムーズに行えましたが、LEDの光り方が魅力的であると感じました。

ベンジャミン

RGB光り方についても、満足のいくものでした。

 



 

組み立て完了と感想

 

 

ビデオカードやSSDの配線への配慮

 

 

組み立て作業を進めながら、ビデオカードやSSDの配線について考えました。

ベンジャミン

配線の配慮が必要であり、作業が煩雑であることを認識しました。

ハードディスクの取り付けや電源の接続

 

 

ハードディスクの取り付けや電源の接続について振り返りました。

ベンジャミン

ハードディスクの取り付けには苦戦しましたが、最終的には成功しました。

電源の接続も、ケースの特性を考慮しながら行いました。

LEDやパワースイッチの配線作業とケースの特性

 

 

LEDやパワースイッチの配線作業について考えました。

配線作業は、ケースの特性に合わせて行う必要があり、慎重な作業が求められました。

ベンジャミン

ケースの特性によって、配線の取り回し方も変わるため、注意が必要です。

エアフロー設定や裏配線の整理作業

 

 

エアフロー設定や裏配線の整理作業について振り返りました。

エアフロー設定は、吸気にすることで冷却性能を向上させることができます。

裏配線の整理作業も重要であり、スペースを有効活用することが求められます。

ケースのコンパクトさと組み立て満足度の評価

 

 

ケースのコンパクトさと組み立て満足度について評価しました。

ケースのコンパクトさが魅力的であり、組み立て作業の満足度も高いと感じました。

ベンジャミン

完成したPCの外観や性能に満足しています。

 



 

最終評価と今後の展望

 

 

ケースの特徴や組み立て作業の振り返り

 

 

ケースの特徴や組み立て作業の振り返りを行いました。

ベンジャミン

ケースの特徴を活かしながら、組み立て作業を進めることができました。

完成度や満足度の高さについての感想

 

 

完成度や満足度の高さについての感想を述べました。

組み立て作業には多少の苦労がありましたが、最終的には満足のいく仕上がりとなりました。

同じパーツでの組み立てを勧める理由

 

 

同じパーツでの組み立てを勧める理由について述べました。同じパーツを使用することで、よりスムーズな組み立て作業が行えると考えられます。

 



 

まとめ

 

 

Antec CX200M RGB ELITEケースは、ピラーレスデザインと革新的な機能で、PC愛好家の心を掴んでいます。

このケースは、ユーザーに手頃な価格で魅力的な外観と機能を提供し、プロの目線から見ても優れた選択肢です。

重要なポイント

  • ピラーレスデザイン: 内部に柱がない独特のデザインで、広々とした空間を提供します。
  • 価格とガラスパネル: 手頃な価格ながら、2つのガラスパネルで内部を美しく演出します。
  • マイクロATXマザーボード対応: コンパクトながら、マイクロATXマザーボードに対応しています。

この記事では、開封から組み立てまで、ベンジャミンラボがAntec CX200M RGB ELITEケースを丁寧に紹介しています。

重要なポイントや組み立て作業での感想、そして最終評価まで、詳細に解説されています。

これを読んで、同じパーツでの組み立てを検討するユーザーにとって、有益な情報源となるでしょう。