人生の勝算【感想・レビュー】人はどんな高みにだって上っていける

  • 前田祐二さんのファンの方
  • 石原さとみさんのファンの方
  • NewsPicksが好きな方
  • 天才を知りたい方
  • 凄い人を知りたい方
  • Showroomを利用している方
  • Showroomを知っている方

この記事はこんな方に向けて書いています。

 

パンケーキ
パンケーキ

前田祐二さん?

 

ベンジャミン 怒り
ベンジャミン

石原さとみさんの彼氏だよ

 

パンケーキ
パンケーキ

話題の人?

 

ベンジャミン
ベンジャミン

Showroomの社長さん

 

パンケーキ
パンケーキ

へ〜

現代の天才ですよね?

 

ベンジャミン
ベンジャミン

完璧に、天才だね

 

経営はストリ ートから始まった

「裕二 、このギタ ーやるよ 。使ってないから 」小学校 6年生の頃に 、親戚のお兄ちゃんに譲ってもらった Y A M A H Aのアコ ースティックギタ ー 。これを手にしたときから 、僕の経営者への道がスタ ートしました 。思い返せば 、小学校 2年生の夏 。僕の世界は 、急に真っ暗に染められて 、色合いを失いました 。人生で一番最初に課された試練は 、母親の死でした 。もともと 、物心ついた頃から父親はいませんでしたが 、 8歳のときに母親が亡くなり 、 1 0歳離れた兄と僕で暮らすことになりました 。しばらく転々とした後 、親戚の家に引き取られました 。しかし 、うまく馴染むはずがありません 。最愛の母が存在しない世に 、もはや生きる意味など見出せませんでした 。僕の心は 、重たくて大きい何かにぶつかって散り散りに割れたガラス片のように 、不規則に鋭く尖って 、周りを近づけませんでした 。

著書、人生の勝算より抜粋

こんな文から始まる本書は、天才が起業するまでのお話です。

本書は、ビジネス書というよりは、前田祐二さんがShowroomを起業するまでのお話しです。

前田祐二さんの子供の頃からの心構え、考え方や生い立ち、就職して起業するまでの伝記ですね。

「前田祐二のShowroomを起業するまでの軌跡」こんな感じのタイトルでも良いと思う。

そんなスタンスの本です。

この本を読んで、私が感じた前田祐二さんは真面目で負けず嫌いで、素直な心を持った天才なんだと思いました。

パンケーキ 怒り
パンケーキ

ん〜

天は二物を与えずなんて嘘だなw

ベンジャミン 怒り
ベンジャミン

五物くらい与えてねーか?

こんな嫉妬さえ覚えるくらいの天才です。

私がなんで天才天才って言ってるかっていいますと、天才だからですw

全く説明になっていないんですが、なんかわかるんですよ。

天才臭がしますw

本書を読むときっと感じると思いますよ

天才臭ってやつを!

そして、賢いなと思ったのは、まずちゃんと、就職したこと!

最近って、就職しても意味がないとか、フリーランスになれとか、ましてや、大学も意味がないとか!

社会人になると、「社蓄だ社蓄だ」って、うるさい人までいるじゃないですか〜w

そうではなくて、就職して短期間で結果を出しているってことです。

結果を出すまで頑張れるんですよ。

がむしゃらに頑張れるのって、努力の結果なんですよね。

努力できるのって天才だと思います。

大抵の人は努力できませんからね。

凡人は努力の途中で力尽きてしまうのがほとんどです。

でも、天才は違います。

結果がでるまで努力が持続するのです。

負けず嫌いってのも、一種の天才のステータスだと思う。

負けず嫌いだから、努力できるってのもあると思います。

私は、真逆の凡人で、ぜんぜん、負けず嫌いじゃないです。

あれこれ理由や理屈をつけて、「これは自分には向いてないからやめた」とか言う奴でして、今すぐにでも改善しないとなと思ってますw

シンプルに、「負けず嫌いで努力が出来る人」なんだと思いました。

「負けず嫌いで努力の出来る人」って簡単言うけども、これが出来る人は強いぞ〜!

想像してみてよ。

負けず嫌いで努力が出来れば、ほとんどのことが出来るようになるよ!

「勉強、運動、趣味」全てに活路を見出せますよ。

私はすでにアラフォーな年齢ですが、本書を読んで気づきました。

私には、「負けず嫌いで結果がでるまで努力する力」が足らなかったんだとw

いや、今からでも遅くはないはず!

「負けず嫌いで結果がでるまで努力する力」を身につけたいと思います。

そして、我が息子にも、「負けず嫌いで結果がでるまで努力する力」を身につけてもらいたく、共に学び、歩んでいきます。

少し脱線しましたが、本書を紹介していきます。

 

本は聴く時代です

https://eda333.com/2018/11/14/amazon-audible/

この本を書いた人

 

 

前田 裕二(まえだ ゆうじ、1987年6月23日 – )は、日本の実業家。SHOWROOM株式会社代表取締役社長。

1987年、東京都に生まれる[1]。
2010年、早稲田大学政治経済学部卒業。
2010年、UBS証券会社入社。
2011年、UBS Securities LLCに移り、ニューヨークで北米機関投資家に対して株式セールス/アドバイザリー業務に従事。[2]
2013年、 株式会社ディー・エヌ・エーに入社。
2013年、ライブストリーミングサービスSHOWROOM(ショールーム)を立ち上げる。
2015年、当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。[3]同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。
2018年、5月9日発売の『週刊文春』5月17日号で女優の石原さとみとの沖縄離島リゾート旅行が報じられ熱愛が発覚した[4]。石原の所属事務所のホリプロは、各スポーツ紙に対し、「プライベートは本人に任せています」とコメントしたが否定はしなかった[5]

ウィキペディアより引用

 

12万冊から読み放題

https://eda333.com/2018/12/06/kindle-unlimited-otoku/

 

人生の勝算【感想・心に残る言葉】

 

 

スナックコミュニティー

 

スナックに行くとすぐに気付くことですが 、スナックには 、それほど特別なお酒もなければ 、美味しい料理もありません 。大体 、ごく簡単な乾き物が出てきたり 、ママが作ったアットホ ームな煮物が出てきたりするくらいです 。ここで重要なのが 、お客さんは 、これら表層的な何かを求めてスナックを訪れているわけではない 、ということです 。つまり 、目的が明確な 「モノ消費 」ではない 。廃れゆく商店街の中で 、スナックがなぜ最後まで潰れないのか 、という議論がありますが 、これには 、大きく二つの背景があります 。第一に 、人がスナックにお金を払う背景には 「ヒト 」が深く関わっていること 。第二に 、 「モノ 」ではなく 「ヒト 」が消費理由になる場合 、そこには 「絆 」という対価が生じているので 、ちょっとやそっとではその価値が消滅しにくい 、ということです 。商店街にある花屋さん 、お肉屋さん 、魚屋さんで 、花や肉 、魚を買うのとは 、同じ消費でも 、その理由が異なります 。これら 、単純に機能的価値やコンテンツそのものを欲して対価を支払う 「モノ消費 」は 、景気や需要に大いに左右されます 。しかし 、スナックは違います 。コミュニティにおける絆をベ ースにして 、より賞味期限が長く普遍的な 、所属欲求や承認 ・自我欲求も満たされ得ます 。果ては 、ママの親身なアドバイスによって 、つい人に言えない内面の弱さや悩みなども吐露してしまい 、 「本当のあるべき自分でいたい 」といった自己実現欲求にまで消費理由が昇華していきます。

著書、人生の勝算より抜粋

 

スナックコミュニティーを真剣に考えてみる。

これ面白いです。

ベンジャミン
ベンジャミン

スナック行きますか?

私はあまり行かないのですが、スナックの世界観にものすごく興味が沸いてきました。

確かにスナックってスナック固有の世界がありますよね。

だって、一見さんだと入りづらくないですか?

常連でひしめいている印象があるからです。

スナックって、カウンターだけの狭い店じゃないですか〜w

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン

ありゃ、入りずらいよね〜w

だこらこそ、スナックには固有のコミュニティーがあるのですね。

こんな予備知識を知ってからスナックに行くと、より面白いと思います。

人間観察と、空間観察。

勉強のためにスナック行っちゃおうか〜w

本書には、ママは綺麗じゃなくても良いって書いてあったけど、私は綺麗で、巨乳のが良いな〜w

パンケーキ
パンケーキ

そうだ、スナックに行こう!

 

一人の力では地球は動かせない

 

2 0 1 0年の 4月に 、 U B S証券に入社しました 。それからずっと宇田川さんの背中を 、追いかけていました 。外資系の投資銀行なので 、新卒の頃から 、それなりにしっかりと高い給料をもらっていました 。日本の大企業の新卒の 2倍はあったと思います 。だからこそ 、大学内定者のうちに 、宇田川さんに 、 「この仕事をする上で 、勉強しなくてはいけないことは何ですか ? 」と聞きました 。高額な対価をもらうプロとして 、入社したら即 、相応の付加価値を出していきたいと思ったからです 。すると宇田川さんは 、 「勉強なんかいらないよ 。とにかく人に好かれること 。秘書でも 、掃除のオバちゃんでも 、受付の人でも 、好かれなくちゃダメだ 」と答えました 。最初は 、不思議でした 。当然好かれることが重要なのはわかりますが 、それ以上に 、十分な株の知識といった基本的な装備がないと 、日々しのぎを削る投資銀行という戦場において 、先輩たちと対等に戦えないと思っていました 。なぜ 、宇田川さんは 、そういった部分を教えてくれないんだろうと 、訝しく思っていました 。当時 、宇田川さんは本当に人に好かれていて 、社内外に信じられないくらい大勢のファンがいました 。

著書、人生の勝算より抜粋

 

人に好かれること!

このスキルは絶対必須スキルだよね。

生きてくうえで絶対に得するスキルだよね。

とにかく人に好かれろ!

が、しかし

私はこれがあまり得意ではないんですよね。

みんなにいい顔ばかりするのって、八方美人っていうんですか?

こういう奴をみると、ムカムカするというか、イライラしてきます。

こういう奴とは、つるまないし、仲良くなる気すら失せますね。

私は、八方美人の奴、嫌いですw

でも八方美人の奴って広く浅く、多くの人にも好かれるよね!

調子が良く、バカな話し得意で、ゲラゲラ笑う奴!

ベンジャミン 怒り
ベンジャミン

あぁ〜
こういう奴マジ嫌いです

人に好かれるって羨ましいスキルだけど、八方美人にならなくてはいけないなら、いらないな〜。

まっ、八方美人じゃなくても、人に好かれる奴っているけど、だいたい、人懐っこい人ったらしな奴だよね。

これも天性の才能だよね。

ベンジャミン
ベンジャミン

いいなぁ〜w

パンケーキ
パンケーキ

あっ、本音が!

 

人生のコンパスを持つ

 

自己分析の目的は 、人生のコンパスを持つことだと思っています 。コンパスの重要性は 、前述した通りですが 、自分が何をしたいのかを示すコンパスがないと 、人生という荒波の中で 、すぐに迷ってしまいます 。それは 、あらゆる物事を決める指針となります 。就職活動に限らず 、実りある人生を生きる上で 、コンパス 、つまり 、自分は何を幸せと定義し 、どこへ向かっているのかという価値観の言語化は 、必要不可欠です 。コンパスを持たずに航海に出ることは 、リスキ ーです 。自分でも思わぬ方向に向かって 、帆を進めることになります 。よってまずは 、船を漕ぎ出すよりも先に 、コンパスを持つための努力をすべきだと思います 、あとは原動力さえしっかりしていれば 、どこへでも行けます 。途中で嵐に遭うかもしれません 。海賊に遭遇するかもしれません 。でも 、揺るぎない方針を持って 、強い意志で前進していくうちに 、必ず目的の大陸にたどり着きます 。だから 、新しい挑戦をするときには 、動き出す前にまずは自問してみましょう 。コンパスは持っているか ?と。

 

著書、人生の勝算より抜粋

 

人生のコンパスを持つ!

人生は目標を持って進め!

目指すところに明確なビジョンをもって、突き進んで行くってことですね。

人生のコンパスの刺した向きへ、迷うことなく、寄り道することなく、がむしゃらに努力しながら、突き進む!

パンケーキ
パンケーキ

カッコいい〜

ベンジャミン
ベンジャミン

前田祐二さんカッコいいってw

パンケーキ
パンケーキ

半端ないって!

ホント、目標や夢を持つって大事だよな!

鮮明に抱けば抱くほど進むべき道がわかるもんね。

リアルに目標をもち、やるべきことを考えながら、戦略を練りながら突き進む!

さぁ、明確なビジョンをもって、突き進め!!

まとめ

 

 

情熱と努力次第で 、人はどんな高みにだって上っていける 。自分の人生を通じて 、これを証明してみせます 。前田裕二の 「人生の勝算 」は今 、はっきり見えています 。

著書、人生の勝算より抜粋

 

ベンジャミン
ベンジャミン

ん〜、カッコいい

これじゃ、石原さとみさんとも付き合えるわ!

パンケーキ
パンケーキ

いいなー、いいなーw

ホント全てにおいて、前田祐二さんが羨ましいw

まっ、世の中には、天才っているんですよ。

「天は二物を与えず」なんて糞食らえだよ!

このことわざは嘘だな、嘘!

本書は、ほぼほぼ、前田祐二さんの伝記です。

ビジネス書みたいに、かたっ苦しくないし、胡散臭くないので、読みやすいし、すんなりと受け入れやすいです。

前田祐二さんに、好感しか抱かないと思います。

本書を読んで、前田祐二さんを嫌いになる方がいるなら、ちょっとヤバいですね。

相当、へそ曲がりだし、天邪鬼だと思う。

っていうか、友達いないでしょ?

そんくらいヤバいと思う。

前田祐二さん的には、Showroomの宣伝して的な、本書なんでしょうが、平行して、前田祐二の宣伝なんでしょうね。

人を好きになれば、そのコンテンツも、好きなるわな!

流石、人生の勝算。

 

少しでも興味を持たれた方は是非とも本書を読んでみてください。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

合わせて読みたい

https://eda333.com/2019/01/14/buranndozinnninare-review/

https://eda333.com/2019/01/11/nihonnsaikousennryaku-review/

https://eda333.com/2019/01/07/bokuhakimitachinibukiwokubaritai-review/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です