夢をかなえるゾウ【感想・レビュー】ガネーシャとちょっと不思議なお話し

  • 夢をかなえたい方
  • 変わりたい方
  • 何か始めたい方
  • 成功したい方
  • かなえるゾウ?な方

この記事はこんな方に向けて書いてます。

 

パンケーキ
パンケーキ

夢をかなえるゾウ?

 

ベンジャミン
ベンジャミン

そうだゾウ。

 

 

パンケーキ
パンケーキ

は?

ふざけてる?

 

 

ベンジャミン
ベンジャミン

感動の物語なんだよ

 

パンケーキ 泣き
パンケーキ

・・・

 

 

12万冊お得に読み放題

https://eda333.com/2018/12/06/kindle-unlimited-otoku/

 

「おい 、起きろや 」聞きなれない声に目を覚ました僕は 、眠気で重いまぶたをゆっくりと持ち上げた瞬間 、眼球が飛び出るかと思うくらいの衝撃を受けた 。なんだ 、コイツは ! ?枕元にヘンなのがいる 。象のように長い鼻 。鼻の付け根からのぞく二本の白い牙 (片方の牙はなぜか真ん中あたりで折れている ) 。そしてぽってりとした大きな腹を四本ある腕の一つでさすっていた 。こんなやつが 。長い鼻をゆら ーりゆら ーりと揺らしながら 、目の前に座っているのである 。昨日 、たまたま家に泊まっていった同級生みたいな感じで 。直感的に 、 「ああ 、これは夢だな 」と思った 。まだ夢の中にいるのだ 、きっと 。僕はよく夢を見る 。いつも眠りが浅いせいかもしれない 。眠りが浅いと疲れが取れない気がするし 、その上こんな化け物と遭遇するなんてつくづく嫌な体質だと思う 。でも 、僕は開き直ることにした 。夢だと分かれば恐れることはない 。 「お前 、だれ ? 」大胆にたずねてみた 。すると化け物はふん 、と鼻を一つ鳴らして言った 。 「だれやあれへんがな 。ガネ ーシャやがな 」

著書、夢をかなえるゾウより抜粋

 

「ガネーシャやがな」

 

っておい!

 

パンケーキ
パンケーキ

ガネーシャってなんだよ?

 

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン

インドの、ゾウみたいな神様。

 

ガネーシャ(गणेश, gaṇeśa)は、ヒンドゥー教の神の一柱。その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。同じ意味でガナパティ(गणपति, gaṇapati)とも呼ばれる。また現代ヒンディー語では短母音の/a/が落ち、同じデーヴァナーガリー綴りでもガネーシュ、ガンパティ(ガンパチ)などと発音される。インドでは現世利益をもたらす神とされ、非常に人気がある。「富の神様」として商人などから絶大な信仰を集めている。

ウィキペディアより引用

 

そうです、この本ではガネーシャってインドの神様が、でてきて、主人公の「成功したい、変わりたい」って願望を、サポートする話しなんです。

 

面白いスタンスですよね。

 

自己啓発本+ビジネス書+ファンタジー小説 、こんなスタンスの本なんですよ。

 

しかも後半は、感動すらしますよ。

 

なので、もの凄く読みやすいです。

 

自己啓発本やビジネス書を読んだことない方には、 ものすごくオススメできます。

 

なにより、読みやすいので、初めの一冊にもってこいだと思います。

 

それでは、本書を少し紹介していきます。

 

この本を書いた方

 

水野 敬也(みずの けいや、1976年11月26日 – )は、日本の小説家。愛知県西春日井郡清洲町(現・清須市)出身[1]。

東海中学校・高等学校、慶應義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』が30万部超えのベストセラーに[2]。三作目の著書『夢をかなえるゾウ』は200万部を超え[3]、小栗旬や水川あさみを主役にした民放のドラマが放送された。他の著書に、自身の著書『BAD LUCK』を再編集・改題した『雨の日も、晴れ男』がある。

ウィキペディアより引用

 

本は聴く時代に突入してます

https://eda333.com/2018/11/14/amazon-audible/

【夢をかなえるゾウ】感想・心に残る言葉

 

 

人が欲しがっているものを先取りする

 

「つまり 、こういうことが言えるわな 。 『ビジネスの得意なやつは 、人の欲を満たすことが得意なやつ 』てな 。人にはどんな欲があって 、何を望んでいるか 、そのことが見抜けるやつ 、世の中の人たちが何を求めているかが分かるやつは 、事業始めてもうまくいく 。上司の欲が分かっているやつはそれだけ早く出世する 」

著書、夢をかなえるゾウより抜粋

 

これ基本ですよね。

 

人の欲を満たす。

 

人の欲しがるものを提供して対価を得る。

 

よく人を観察することも重要ですよね。

 

会った人を笑わせる

 

「笑わせる 、いうんは 、 『空気を作る 』っちゅうことなんや 。場の空気が沈んでたり暗かったりしても 、その空気を変えられるだけの力が笑いにはあるんや 。ええ空気の中で仕事したら 、ええアイデアかて生まれるし 、やる気も出てくる 。人に対して優しゅうなれるし 、自分のええ面が引き出される 。それくらい空気いうのんは大事やし 、笑いって大事なんやで 」

著書、夢をかなえるゾウより抜粋

 

場の空気って本当大事ですよね。

 

特にチームでプレイもしくは働いていると「良い空気」作りに徹しないと、良いことは起こりません。

 

良い雰囲気の元では、良い仕事ができますよね。

 

ですが、「悪い空気」になると最悪ですよね、負の連鎖が始まります。

 

悪い雰囲気が悪い空気を作り、悪いことが起こります。

 

恐るべき負の連鎖です。

 

毎日、感謝する

 

「自分の中に足りんと感じてることがあって 、そこを何かで埋めようとするんやのうて 、自分は充分に満たされている 、自分は幸せやから 、他人の中に足りないもんを見つけ 、そこに愛を注いでやる 。この状態になってこそ 、自分が欲しいと思ってた 、お金や名声 、それらのすべてが自然な形で手に入るんや 。だってそやろ ?自分らは 、お金も 、名声も 、地位も 、名誉も 、自分で手に入れる思てるかも分からんけど 、ちゃうで 。むしろ逆やで 。お金は他人がお前にくれるもんやろ 。名声は 、他人がお前を認めたからくれるもんやろ 。全部 、他人がお前に与えてくれるもんなんや 」

著書、夢をかなえるゾウより抜粋

 

全ての人に感謝する。

 

感謝する生き方!

 

良くないですか?

 

私ここ、めちゃくちゃ好きです。

 

少し、人生観変わっちゃいましたよw

 

お金も 、名声も 、地位も 、名誉も 全部他人が与えてくれるもの!

 

人に生かされているのですよ。

 

人を愛し尊敬し、そして感謝する。

 

こんな生き方をしていきたいと思いました。

 

まとめ

 

凄く読みやすいです。

 

本に慣れない、抵抗のある方でもサラッと読めると思います。

 

しかも、めちゃくちゃ面白いし、有益です。

 

あなたも人生観変わっちゃいますよ。

 

って、説明しても殆どの方が本書を読まないと思いますが、一つ言わせて下さい。

 

【素直な行動力に従いながら生きていく】

 

私の当面のテーマです。

 

私はどちらかというと天邪鬼でした。

 

人と違った事が好きで、人意見は聞かない、自分だけを信じて生きてきました。

 

これはこれで、良い事もあり、自分の人生に後悔はありせん。ってのは五分五分ですw

 

性格上、かなり損もしています。

 

今もなお修正中です。

 

「素直にやってみる行動力」これでだいぶ良い人生を送れそうな感じがします。

 

とにかく素直にやってみる!

 

そして、感謝して生きる!

 

こんな生き方をしていきたいと思います。

 

少しでも興味を持った方は、本書を読んでみて下さい。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

関連記事

https://eda333.com/2018/12/04/shigotohatanoshiikane-review/

https://eda333.com/2018/11/30/aiandbi-reviwe/

https://eda333.com/2018/11/28/w-e-a-r-e-l-o-n-e-l-y-b-u-t-n-o-t-a-l-o-n-e-review/

https://eda333.com/2018/11/24/motivation-revolution-review/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です