ブログ初心者がとりあえず10記事を書く簡単な方法

「ブログ初心者の方」

「ブログ10記事未満の方」

「とりあえず10記事書きたい方」

 

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

 

ベンジャミン
ベンジャミン

10記事書くぞ〜

 

 

パンケーキ
パンケーキ

頑張ってね。

 

ブログを始めて、1つの区切りとして、まずは10記事と言われている。

 

 

 

それにはブログを続ける難しさが関係しているからだ。

 

 

 

はじめの頃は全く成果が出ません、誰も見てくれないし、誰も読んでくれない。

 

 

 

結果がすぐに出ないんです。

 

 

 

私もブログを始めてやっと1ヶ月が立ち、10記事達成できましたですが、全く誰も読んでくれませんし、誰も見てくれません。

 

 

 

ベンジャミン泣き
ベンジャミン泣き

全く成果は出てないよ〜

 

 

 

 

確かにメンタルはやられますが、いろいろなネットの情報で、100記事ぐらいまでは成果が出ないと知っていたので何とか頑張れるけど・・・w

 

 

 

すぐに成果は出ませんが、コツコツと記事を一つ一つ積み上げていくことが大事なのだ。

 

 

 

むやみに突き進むのではなく、有益な情報を自分で仕入れ、自分で選択するのが近道でしょう。

 

 

 

私でも10記事書けたのですから、必ず10記事は誰でも書ける!

 

 

 

それでは、ブログ初心者がとりあえず10記事を書く方法を書いてきます。

 

 

それではまいりましょう〜

 

 

参考記事

https://eda333.com/2018/08/17/shoshinnsha%E3%83%BCblog-hazimekata-toriaezuishikizi/



参考にするべき情報を調べ尽くそう

 

 

ネットの中には様々な情報があります。

 

 

 

有益な情報から無益な情報まで膨大な数の情報がある。

 

 

 

まず、インターネットやブログやTwitterやFacebookやSNSの中から自分に合う情報を調べ尽くしてください。

 

 

 

とりあえず10記事書こうとしてる初心者の方にありがちな迷い
  • 何になりたいのか?
  • どんなことをしたいのか?
  • どういう風に稼ぎたいのか?
  • どんな記事を書きたいのか?

が定まっていません。

 

 

よく言われるのが、いろんな情報を調べすぎると、情報量が多くなり、どの情報を参考にして良いのかが分からなくなり、頭の中がぐちゃぐちゃになる。

 

 

ベンジャミン
ベンジャミン

これは本当ですよね。

私も頭の中がぐちゃぐちゃになりましたw

 

 

情報を調べに調べ尽くして、自分に合う情報を決め、真似をして記事を書く

 

これが10記事書く近道です。

 

 

ベンジャミン
ベンジャミン

自分で参考にするモデルを決める

 

全部を真似するのではなく、書き方、デザイン、スタイル、ブログ構成、などをいろいろな方から真似をすると良い。

 

 

 

ブログ初心者の方は、すべてのことがよくわからないので、すでに成功してる実力のある方の真似をするのは、いい方法です。

 

 

ベンジャミン泣き
ベンジャミン泣き

私もいろいろなブロガーさんの真似をしています。

 

 

 

膨大にある情報の中から調べに調べ尽くし、自分に合うモデルを決め、真似をしながら記事を作る。

 

 

記事を書くリズムを作り、制作時間を短縮しよう

 

 

記事を書くリズムを作りましょう。

 

 

私の場合まだ10記事しか書いていませんが、リズム的には
  • 何の記事を書こうか 30分
  • メモ帳に下書き 30分
  • 記事を書く 3時間
  • 記事に装飾する 1時間
  • 記事を手直しする 30分

 

 

合計5時間半ですがダラダラもするので6時間w

 

 

パンケーキ 泣き
パンケーキ 泣き

遅いな〜

 

 

ベンジャミン
ベンジャミン

こんな感じです

 

 

 

記事を書くリズムはつくっちゃったほうが絶対楽です。

 

 

 

初めは記事を書くリズムを作ると言うよりは、記事を書くときに時間を計ってください。

 

 

 

そうすると、どの作業に何時間かかっているかが分かります。

 

 

そうしますと、何の作業を短縮すれば効率が良くなるのかが分かってくる。

 

 

 

記事を書いていくとわかるのですが、やはり時間が足りません。

 

 

 

専業ブロガーさんはいいですが、私のような兼業ブロガーは時間がほんと足りません。

 

 

 

まさに時間との勝負です

 

 

 

1記事書く時間が短縮できれば、短縮した分の時間で次の記事を書くことができるからだ。

 

 

 

オススメの記事を書く短縮方法

 

出先の場合はスマホのアプリで記事を書く

 

私はワードプレスを使っていてiPhoneを使っています。

 

iPhoneのアプリでWordPressがあったので使ってみましたが、これ最高です。

 

休憩時間や移動時間やお昼時間等にスマホで記事を書けますのでちょっとした時間をライティングの時間にまわせますので無駄がありません。

 

グーグルドキュメントも音声入力もできますし、オススメです。

 

 

 

タイピングが苦手なら音声入力を使う

 

特にスマホでライティングをする時に音声入力を使うと作業がはかどる。

 

スマホでライティングするとフリック入力になりますよね、フリック入力でもいいんですが、スマホの場合は音声入力がものすごく便利で楽です。

 

しかも性能もかなり良いので誤字脱字がほとんどありません、改行や点も言葉で入力できちゃいます。

 

今まさに音声入力でライティングしているところです。

 

 

 

この2点だけで時間は記事を書くのを短縮できる。

 

 

 

11記事を目指すと良いと、よく聞きますが、私には無理でした。

 

 

 

仕事をしているのもそうですし、私のキャパシティー的にも無理だ・・・

 

 

 

私は2日に1記事のペースで記事を作っていくことに決めた。

 

 

 

配分等はこんな感じ

 

1日目

記事を手直しする   30分

(1日目に書いてありますが、前の日に仕上げた記事を朝スマホを利用して誤字脱字をチェックする)

何の記事を書こうか   30分

メモ帳に下書き     30分

 

2日目

記事を書く       3時間

(理想は半分ぐらい外出時にやってしまう)

記事に装飾する     1時間

 

こうして短縮して記事を書いてしまえば、日に2時間程度で記事を書くことができます。

 

 

 

無理なく記事を生産できれば、ブログを続けることも簡単になってくる。

 

 

 

これもまたブログを続けるテクニックです。

 

 



足りないところやズレているところは、速やかに修正しよう

 

 

 

記事書いていると、何か足りなかったり、ズレてきていることに気づく。

 

 

 

そうしたら速やかに修正しよう。

 

 

 

初めは記事を書くことに集中してしまい、記事を装飾することを疎かにしてしまう。

 

 

むしろワードプレスのテーマの使い方もわからず、記事の装飾の仕方もわっかてなくて、装飾できないなんてこともある。

 

 

ベンジャミン 驚き
ベンジャミン 驚き

私が完璧これでした。

 

 

 

よくありがちなのが、吹き出し機能のキャラの設定ができてなく、いろんなキャラが登場して統一感がない記事になってしまう。

 

 

とりあえず記事を書くことに集中してしまい、ヘッダー画像など適当な画像になってしまいがちで、後からコロコロ変わってしまうw

 

 

ベンジャミン
ベンジャミン

すいません!!

 

全て私事ですw

 

 

自分が実際に失敗したことなので、この記事を読んでくれている方には気をつけてもらいたく、書きました。

 

 

 

いつまでも過去の記事のリライトをしないと恥ずかしい思いをしますよw

 

 

 

パンケーキ 怒り
パンケーキ 怒り

それベンジャミンでしょ

 

 

ベンジャミン泣き
ベンジャミン泣き

エヘッ

 

 

 

必ず少しずつ設定などズレてきますし、 記事にたらないものなどが出てきます。

 

そうしましたら速やかに過去の記事に戻り、編集し直しましょう。

 

 

まとめ

 

 

1記事書ければ10記事は簡単に書ける。

 

 

何もないところから1記事書く方が数倍難しい。

 

 

それをやってきたのですから10記事は必ず書けます。

 

 

まずは誰かの真似をしましょう。

 

 

真似をするのが手軽だし勉強になるし最善の方法です。

 

 

そして記事のために時間を作り、記事の事を少しでも多く考えていきましょう。

 

 

 

1日1記事が無理でしたら2日に1記事でもいいじゃないですか。

 

 

ましてや3日に1記事でもいいじゃないですか。

 

 

 

1日に1記事を書こうと言うのは、やる気の問題や記事への慣れ、文章や書き方やデザインの慣れを考慮した考え方だと思われる。

 

 

 

時間のある方は、1日1記事を目標にした方が良いでしょう。

 

 

 

これから20記事、30記事、50記事、100記事と書いてくと、見えてくるもの、参考にするべきモデル、考え方の変更などあると思いますが、その都度柔軟に対応して変わっていけば良いのではないでしょうか。

 

 

 

とりあえず10記事は簡単にかけます。

 

 

 

私でも書けたのですからw

 

参考記事

https://eda333.com/2018/08/16/typing-choushoshinnsha-blog/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です